代表者挨拶 | 司法書士 エフアンドパートナーズ

代表者挨拶 | 司法書士 エフアンドパートナーズ

Scroll
法律を通じて社会に貢献

代表者挨拶

代表司法書士の藤井孝昌
でございます。

代表者挨拶

代表司法書士 藤井孝昌

挨拶

司法書士エフアンドパートナーズのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
代表司法書士の藤井孝昌でございます。

気づけば司法書士の業界に身を投じてから20年が経ち、
平成15年4月に開業してから数えると15年が経過しました。
これまで、目の前の仕事にがむしゃらに懸命に向き合って参りました。
その甲斐あって、今では司法書士の範疇である業務は、ほぼ全て経験することができました。

また、この15年の間に、非常に実務能力の高い弁護士、税理士、会計士、土地家屋調査士、
不動産鑑定士等各士業の先生方、同業の司法書士の先輩や後輩にも恵まれ、
良好なネットワークを構築することができ、当事務所を窓口に、
依頼者様からの多岐にわたるお悩みやご相談にも対応することができるようになりました。

司法書士は、その業務に関連する知識はもちろん、
業務にかかわる周辺の知識も豊富でなければ依頼者様のご要望に応えることができません。
また、司法書士は、幅広い視野を持ち、柔軟なバランス感覚がなければ、
依頼者様に適切なアドバイスをすることができません。

依頼者様の依頼内容は一つとして同じものはなく、すべて個別であり千差万別です。
これからも、業務及びその周辺知識、さらには一人の人間として教養を学び、バランス感覚を磨き、
そして、皆様の期待に応えることのできる事務所であるよう、自身の研鑽に努めて参ります。
およそ20年前、法律に興味を持ち、「法律を通じて社会に貢献したい、みんなの役に立ちたい」
との想いから司法書士を目指しました。

この初心を忘れず、常に初心に立ち返り、少しでも皆様のお役に立てるよう、
力を尽くし業務に取り組んで参る所存であります。
いつも依頼をくださるクライアント様、これから当事務所にかかわることになるお客様、
どうぞ、私ども司法書士エフアンドパートナーズをよろしくお願い致します。


2018年8月1日 代表司法書士 藤井孝昌

経歴

神奈川県川崎市生まれ
平成9年3月 明治大学法学部法律学科卒業
平成14年 司法書士試験合格
平成15年4月 事務所開業
平成16年3月 簡裁訴訟代理等関係業務認定

趣味

仕事に関連する書籍を読むこと。
中国古典を読むこと。
温泉めぐり、旅行。

座右の書

「呻吟語」
中国、明代に生きた硬骨の士、官僚政治家、呂新吾の著。
決断に迷ったときにはまず呻吟語を参考にしています。

尊敬する人

「両親」
父は、物知りな勉強家で、何事にもマメで人に優しく、
それなのにいざというときには大変頼りになるとても心強いひとです。
まさに理想の男性像です。
母は、何の変哲もない何処にでもいる普通のひとだったのですが、
他人のことを悪く言ったことがなく、誰からも好かれる心の純粋なひとでした。
早くに他界してしまったのが残念でなりません。

座右の銘

「敵は自分」
20代前半のまだ若いころ、ある人からいただいた言葉です。
「人のせいにするな、敵は他人ではない、自分の甘さにある」という意味です。
言葉で衝撃を受けたのは初めてでした。

好きな言葉

「天意夕陽を重んじ、人間晩晴を貴ぶ」
日本の経済界におけるゴッドファーザー渋沢栄一翁が好んだとされる言葉。人間というのは晩年が肝心であるという意味です。つまり、今を大切に生き、日々淡々と鍛錬せよということですね。